Google Maps API for Workでできる点

###Site Name###

GoogleMapsAPIforWorkは地図を取得するだけのサービスではありません。GoogleMapsと比較されますが、GoogleMapsAPIforWorkでは地図の取得に加えて、ユーザーの情報も取得できるのが最大のポイントです。

これまでのGoogleMapsではユーザーへの地図の提供を行っています。

これだけは知っておきたいGoogle Maps APIs Premium Planの有益な情報をお届けします。

地図は場所を指定することで詳細な周辺情報も合わせて提供できるので特にウェブでの活用が進んでいます。


しかし、GoogleMapsでの提供は一方的なデータであり、ユーザーの希望するデータとはいえない場合もあります。

GoogleMapsAPIforWorkではユーザーの位置データ、地図の切り替えなどのリアルタイムデータを提供することで、ユーザーとアプリケーションのさらなる接触率を高めてくれます。



アプリケーションは一方的にデータを提供することから、ユーザーが求めているデータを提案する形にアップグレードされ始めています。

ユーザーにとって求めているデータは違いますが、GoogleMapsAPIforWorkでは現在位置から周辺情報を取得、また、ユーザーに移動してもらいたい場所の指定など、双方向の通信で地図を活用します。


特にビジネス分野において活用が進んでおり、配車ルートの設定では大幅な進歩があったと言われています。
また、一般のユーザー向けには、より具体的で価値のある商店、病院などの紹介も可能になっています。

ガジェット通信についてわかりやすく説明しています。