Google Maps API for Workの利用

###Site Name###

GoogleMapsAPIforWorkをアプリに利用するかは、地図を利用しているユーザーの動向をアプリケーションにどのように活用したいかできまります。
地図を表示するだけならGoogleMapsでも可能です。
しかし、GoogleMapsAPIforWorkでは地図表示だけではなく、地図を利用している方の現在位置や地図の切り替えなども把握することができます。

nanapiについての総合情報ポータルサイトです。

GoogleMapsAPIforWorkを特に率先して利用し始めたのが配送業者と言われています。

配送業者では各トラックへの配送ルートの指示をするアプリを独自開発しているケースが多いのですが、地図については表示だけに利用しているケースが多かったようです。しかし、GoogleMapsAPIforWorkを利用することでトラックの運行状態をリアルタイムで利用することができ、また、運行状態から最適なルートを事前に設定することも可能になっています。



ルート設定の効率化は運航コストの削減、ドライバーの負担軽減など多数のメリットがあります。

また、開発サイドで考えてもGoogleMapsAPIforWorkは、独自収集するシステム開発コストを大幅に下げてくれます。

地図の活用は多くの企業で進んでいますが、効率を考えればかんば得るほどユーザーの情報は重要です。しかし、取得するにはノウハウが必要であり、膨大な情報となりますので自社保管は難しいとも言われており、GoogleMapsの各種サービスに期待する声が高まっています。

Google Maps APIs Premium Plan関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。